リキッドファンデーションってどんなの?

リキッドファンデーションとは、顔料粒子が細かくて、テクスチャーは乳液のような感じになっているタイプのことを言います。
とても手軽につけられるパウダータイプに比べると、化粧をするのに時間がかかるのですが、パウダータイプと比較すると、肌にのせた際に伸びやすいですし、とても薄付きで、しっかりと隠したいところはカバーしてくれるのが特徴になります。
リキッドファンデーションは保水保湿成分に優れていて、油分が多いですから、乾燥肌の人や乾燥する冬などの季節には、パウダーからリキッドへ変えるだけで肌の保湿を維持することができるのです。
反対に夏に使用するのは、崩れやすいですし、普段から脂性でテカリやすい人は向かないので注意しましょう。
リキッドファンデーションの塗り方ですが、素肌に直接塗る人もいますが、BBクリームタイプならいいです。
ですが、基本は化粧水、乳液で肌を整えて基本のメイクとスキンケアをして、そして下地を塗ってからになります。
下地をしっかりと作っておかなくてはムラになったり、ノリが悪いのです。
またすぐに化粧崩れしてしまうかもしれませんから注意が必要です。
塗る際は、指とスポンジを使って丁寧に塗っていきましょう。
カバーしたいところがあるのなら、伸ばして塗り重ねるのではなくて、出来ればその部分はたたいて塗り重ねる感じにした方が上手にカバーできるでしょう。
仕上げはそのままでもいいですが、ベタ付が気になる人は、仕上げ用のパウダーが販売されているのでそれをつけるとサラッとした仕上がりになります。